スポンサーリンク

夏はやっぱりビールがうまい

健康
スポンサーリンク

おとといは久々に前の職場の人達と飲み会をしました。みんな元気そうでなによりですが、おとといは夏日ってのもあり、いやー久々のキンキンに冷えたビールは美味しかったー。今の現状や将来など色々語り合っていたら、ハイ次ハイ次とお酒も進み普段飲まない自分も二次会後半ではベロベロに酔っ払ってしまいました。誰にでもある楽しいひとときですよね笑

意識があって誰にも迷惑をかけてないうちはいいのですが、ハメを外し過ぎちゃうと大変なことに、そうならないように自分ではお酒の席ではいくつか気を付けてる事があります

スポンサーリンク

お酒で潰れない用に気をつけている事

・ウコンを飲む

・お酒と一緒に食べ物も食べる

・ペースを考えて飲む

・本当にやばかったら吐く

もう定番というか常識ですよね。

自分の場合はプラスで

たくさんの水を飲む、帰ってからもたくさん水を飲む

これは周りに迷惑かけない為と次の日に響かせないようにする為に凄く大事だと思います。

それはなぜか?

お酒を飲むとトイレが近くなるからです。お酒には利尿作用があり特にビールは利尿作用が強く出るみたいです。尿が出やすくなって良いように感じますが、実は身体の中でアルコールを分解するのにビール500mlだと約3時間かかるそうです。お酒の席で3時間もあったら個人差ありますが4、5杯は飲めちゃいますよね?身体の中から水分は尿として出て行き、残ったアルコールだけ蓄積され結果酔いが早くなってしまうのです。ベロベロの状態を回避するために途中でお水を飲む事で身体の中に溜まったアルコールを薄める事が大事なんです

帰ってからも大事で

酔った勢いですぐ寝ちゃいがちですが水分をたくさん飲んでから寝た方が身体への負担を減らせ効果もあります。

例えば、水分を飛ばして味が濃く染み込んだ煮物は美味しいですが

身体から水分だけ外に出てアルコールだけが身体に残るのはあまり良くないので飲んだ席ではお水を取る様にしてあげてください。

ちなみに

自分の仕事のリラクゼーション業でお客様に聞きながら感じた事ですが、毎日お酒を飲んで酔っ払うくらい飲む方は個人差ありますが、身体の筋肉が水分が抜けて柔軟性のないパサパサで凄く硬い方が多いと思いましたしお酒を毎日飲む方は20代でも身体が老化してるなーと感じました。

まとめ

これから本格的な夏が始まりお酒の美味しい季節に突入しますが、楽しく辛くないお酒の席になる事を祈ります笑

コメント